2015年01月22日

本物の実力をつける大切さ

センター試験・センターリサーチが終わり、国公立組の志望校がほぼ確定しました。

予定以上の点数を取れた生徒、予定に届かなかった生徒、届いたはずなのにセンターリサーチで予定外の結果が出た生徒など、毎年ながら心臓に悪い季節です。

松明塾としてのトップは堂々のトータル84.1%でした。

この結果は正直すごい。筑波あたりまでなら確実にA判定をもぎ取れる数字です。
下手したらあと10年くらいこの数値を破る奴はでないんじゃないかと思います。

そんなセンターを終えていつも思うことがあります。

「やっぱりちゃんとした実力をつけるしかない」

ということです。

今年のセンターでは英語の出題形式に大きめの変化が見られました。

難易度自体は昨年よりもやや下がったと思いますが、形式の変化への動揺、何を問われているかの読み取りなどにかける時間が増えた分、全体の難易度はプラスマイナスゼロといったところでしょう。

しかし難易度はプラマイゼロでも、結果は驚くほど変わります。

傾向が変わるということは、事前の「対策」が効かないので「素の実力」での勝負になるということです。

センターにかかわらず、高校入試でも大学入試でも、過去問を元にした傾向別の対策を直前に行います。

その結果、良くも悪くも「実力以上」の結果が出てしまうことは珍しくありません。

試験の点数とは、単にその教科の実力を示すものではなく、

素の実力+形式に応じたアウトプットの技術

なのです。

そのため、後者の「技術」で底上げをされた点数は、今回のように形式が変わった場合にはいとも簡単に履いていた下駄を脱がされることになります。

もちろん、うちの生徒の中にも下駄が脱げてしまった生徒がいます。

一方、冒頭にあげた生徒はこれまでの過去問対策の期間も含めて過去最高の点数をたたき出しました。

4月の時点では「クソみたいな英語力(本人談)」でしたが、ちゃんと実力をつけたのでしょう。

だから、やっぱりちゃんと合格するためには「素の実力」をつけるしかないのです。

そんなことを毎年思うのに、それをやりきることができない要因は大きく2つあります。

1つは現実的な時間のなさ。

入試は締切の明確な勝負ですから、それが足りないなら下駄をはかせてでも何でも点数を上げに行かないといけない。

その場合、今回のように下駄を脱がされるリスクはあるものの、履かないと間に合わないのだからそれにかけるっきゃないということになります。

もう1つは「生徒」「塾」の双方がどこかで持っている「華麗な急成長」という幻想です。

当然ながら僕にもあります。

成績の悪い子を、華麗な授業とカリキュラムで別人に成長させる。

そんな指導に憧れないはずがありません。

もちろん、生徒だって同じです。

有名な講師や、講師自身の実績に惹かれて講師を選ぶのは、そういう人に習ったら自分も同じようになれるかもしれないという淡い期待のなせるわざでしょう。

そういう、生徒・塾双方の「あこがれ」が、「素の実力養成」という地味でつまらなくて時間のかかることを敬遠させてしまいます。

そしてたちが悪いことに、そういう気持ちから出た華麗な指導が当たってしまうことが少なからずあるのです。

あんなに伸びたやつがいる。

あんなに伸ばした講師がいる。

あいつをここまで伸ばした俺はすごい指導力を持っている。

こうやれば、同じようなバカな奴でも同じように凄いやつに伸ばせる。

残念ながら、全部幻想ですね。

なぜならその横には、そのやり方でまったく伸びずに涙をのんだ受験生が必ずいるからです。

それを無視して自分の指導に酔えるような奴を、僕は同じ塾屋として認めたくありません。

かといって、成績が悪いやつに頭から見切りをつけたり、己の極めて限定的な経験則から「無理だ」という判定をする人間も、やはり塾屋として認めたくありません。

だからこそ、ギリギリのギリギリまで、ちゃんと素の実力をつけにいく。

地味でつまらないことを、いかに前向きに、全力で、達成感を感じながら続けられるか。

そこにこだわりを持てる塾にしていきたいと思います。

もちろん、今年も僕は最後には生徒に下駄をはかせるでしょう。すでに時間が足りないことが見えている生徒が現実に存在するからです。

時間の足りなさだけは正直どうしようもない。

でも、いつかはこの「時間の足りなさ」なんていうヘボな言い訳をせずにすむ指導を確立したいと思います。

具体的には再来年。

今の高校1年生たちが受験生となる年がその年になるはずです。

以前にも書きましたが、高校1年からやっている生徒は本当に強い。反則みたいな強さです。

だって、隣で高校2年がことごとく間違える問題を、みんなスコーンと解いていっちゃうんだから。

夏ごろにまいた種が見えないところでどっしりと根を張って、そういう太い根っこを背景に隠し持った芽が出始めた感があります。

というわけで、これを読んでる高校2年生。

お前らは、ギリギリのギリギリまで「素の実力」にこだわっていくぞ。

それでも足りないところがあるようなら、最後は思い切って下駄履いてダッシュだ。

そんで1年生。

お前らは、ちんけな実力はつけさせない。目の前の点数や、偏差値は一切無視。

実力がないならちゃんと負ける。その反省をもとに、ちゃんとした実力をつける。そして、何が来ても素の実力で勝ち切る。

そういうゴリゴリの王道で勝負しにいくぞ。

センターが終わって、次の入試まで残り丸一年。

全然華麗じゃない、泥臭くて地道な努力で、最後に全員で笑おう。
posted by たいまつ at 01:52| Comment(0) | 指導方針