2015年03月14日

偶然がくれたご褒美

ようやく受験が一通り完了し、教室は次の1年の勢いに包まれてきました。

この1週間で一気に生徒が増えたので、とにかく目まぐるしい毎日を送っています。

新規の生徒が増えると一気に仕事が増えます。

実力確認、カリキュラムの作成、勉強姿勢の観察とそこから見えてくる「伸びない原因」の修正。

1人、2人でも結構手間暇をかけねばならないのに、一気に10人以上増えてしまったので本当にてんてこまいです。

そんな中、今日はある意味で「この1年の本当の締めくくり」である、高校の卒業式でした。

まだ教室すら満足に準備できていない松明塾に入塾を決めてくれた3年生たち。

この子たちには一生頭が上がりません。感謝しかありません。

本当は卒業式に出席して、旅立ちを見送りたいくらいの子たちです。

そんな気持ちでいたところに、うれしい「偶然」がありました。

松山高校の校長先生から教室にお電話をいただいたんです。

先日配ったうちの塾のDMが道に捨てられていたので、それを拾われたとのことでした。

お叱りのお電話かと思いきや、

「失礼ながら中身を読ませていただいたところ、その内容がとてもよかったので、『ある塾の塾長の話』として、卒業式の式辞で話したいので許可をいただきたい」

とのこと。

びっくりしました。

とてもうれしくて涙が出てきました。

自分は卒業式には出られないけれど、自分の想いを卒業式の場で生徒たちに伝えてもらえる。

この1年間のご褒美をもらえたような気がしました。

銀行に寄った帰り道、偶然出会った卒業生が、

「先生の話してましたよ」

と笑顔で伝えてくれた瞬間、この1年間が本当に終わった実感が出てきました。

この1年は、生徒に成長させてもらった1年。

生徒と一緒に塾を作り上げてきた1年。

今年第一志望に合格した生徒たちは、僕らの指導ではなく、自分たちの努力で合格を勝ち取りました。

この1年、本当によく頑張った。合格おめでとう。

残念ながら第一志望に合格できなかった生徒たちは、僕らの指導の至らなさのせいで不合格になりました。

本当にすまん。せっかくうちの塾を信じて頑張ってくれたのに、合格させてやれなくて、本当にすまん。

反省が山ほどある。

やり直したいことが山ほどある。

もちろん時間は戻りません。

だから、僕らがそれを活かすのは彼らではなく、次の生徒たちです。

もちろん、それを次に活かしたところで生徒の結果は変わりません。僕らの自己満足でしょう。

でも、そう思ってもやはり僕は生徒たちにお礼を言いたい。

君たちのお陰で、次の1年、松明塾は一歩質の高い指導を後輩たちに提供することができます。

この1年、本当に頑張ってくれてありがとう。

ダメなところがいっぱいある松明塾を信じてくれてありがとう。

僕らのダメなところを教えてくれてありがとう。

後輩たちの指導がよくなるヒントをくれてありがとう。

第一志望に合格した子も、不合格だった子も、全員が本当に頑張ってくれた。

本当にありがとう。

そして、

卒業おめでとう。

君たちの更なる成長と飛躍を、東松山にて心から期待しています。

posted by たいまつ at 00:05| Comment(0) | 日記