2016年09月06日

松高文化祭 紫薫の集い

9月5日に講師3人で松高の文化祭に行ってきました。

松高生の10人に1人は松明塾生なので、学校に行くとあちこちで生徒に会います。
誰も皆、教室とは違う表情をしていてとても新鮮です。

「みんな俺らの知らない顔を持ってるんだな〜」と思うと同時に、
「俺らも俺しか知らない顔を知ってるってことだな〜」とニヤニヤしたりします(笑)。

中でも一番「いつもと違う顔」を見せてくれるのが、応援団の面々です。

昨年までの「紫薫の集い」もよかったのですが、今年は1年生から付き合ってきている生徒たちが3年になり、主役を張るので格別です。

実は2014年の4月に塾を開校したとき、高校1年生の入塾第一号が応援団の生徒でした。

「応援団って塾通えるのか!?」

という会話から始まり、実際1年生のうちはお世辞にも「ちゃんと通えた」とは言い切れない感じでしたが、それでもよく頑張っていました。

もちろん平坦な道なわけもなく、途中で誰かが辞めそうになるのを励ましたり、援団を辞めて勉強したいと言う生徒に、

「本当に勉強に時間を使いたいなら、練習後のこの時間にまずはやれるだけやれ!

 時間がないときにやれない奴は、時間があってもやらね〜よ」

と叱り飛ばしたり。

何かそういう、色んな思い出まで混ざり合って、正直涙が止まらなかったです。

やっぱり、「真剣」とか「一生懸命」っていいよな〜。

かっこいい、すばらしい、美しい、すがすがしい…、何かそういう「プラスの形容詞」を全部混ぜ合わせたものを見たような感覚を与えてくれる。

「真剣」とか「一生懸命」にはそういう力があるように思います。

このまま「よかったよ!」といって終わりだと本当に気持ちよくて楽なのですが、残念ながら僕らの本番はこれからです。

受験には「合否」があります。頑張ったことが、「合格」という結果に必ずしも結びつかないことがあります。

でも、そんなのはどうでもいいことなのかもしれません。

塾の先生が言うべきことじゃないかもしれませんが、不合格は「残念」なことではあるけれど、「不幸」ではない(正直、すげ〜ドキドキしながらこの一文書いてますけども)。

文化祭の季節は、卒業生がよく遊びに来ます。その中には、もちろん第一志望に不合格だった生徒もいます。

もしも不合格が「不幸」なことならば、彼らにとってはうちの塾は「不幸の元凶」ですから、人生で最も近寄りたくない場所の一つでしょう。

でも、彼らはとびっきりの笑顔で遊びに来てくれます。

「大学、すっごい楽しいです!!!!!」

と色んな報告をくれます。

その度に僕らは、少しだけ救われた気持ちになります。

同時に、来年こそは全員を第一志望に合格させようと気持ちを新たにします。

生徒も講師も最後の勝負期間になりますが、彼らの見せてくれた「紫薫の集い」に負けないくらいの「真剣」「一生懸命」で頑張りたいと思います。

挫けそうなときは、彼らの真剣な姿を見て、またこの気持ちに戻ってこようと思います。




posted by たいまつ at 18:37| Comment(0) | 文化祭