2018年06月02日

新型セルフマネジメント【結果について】

昨年から新型セルフマネジメントをスタートしました。

ブログの最後に

「まだまだ試作段階ですが、うまくいけば、今年の1年が終わったときには今までの松明塾とはレベルの違う塾になっているはずです。」

と書いたわけですが…1年経って実際どうだったかというと、

感動的なくらいにレベルの違う塾になりました!

いや、もうね、本当に見違えた。びっくりした。それくらい変わりました。

まず第一に、成績が変わりました。

今までだってそれなりに成績は上げてきたつもりですが、今までの成績が「全然たいしたことなかった」と思えるくらいに変わりました。

成績が変わるということは、普段の勉強の中身が変わると言うことです。

僕が常々生徒に言っていることがあります。それは、

「50点しか取れないんじゃなくて、50点しか取れないような勉強をしてるんだ」

です。

頭の善し悪しとかではなく、行動を変えないと結果は変わりません。

逆に、行動を変えれば、(変えるつもりがなくても)結果は変わってしまいます。

よく成績を上げるために「意識」を変えようとしてしまう子がいるのですが、意識では結果は変わりません。

車の運転をしていて「もっとスピードを上げたい」と思ったら、やるべきことは「アクセルを踏む」です。

アクセルを踏まずに「もっとスピードを出したい」と念じていてもスピードは上がりません。逆に、スピードを上げたいと思っていなくても、アクセルを踏めばスピードは上がってしまいます。

そんな風に、行動を変えれば結果は勝手に変わっちゃうものなのです(もちろん、行動を変えるための起点になるのは意識なので、意識も大事なのですが)。

そういうわけで、今年の塾生の成績が抜群に良かったということは、今年の塾生の行動が良かったということに他ならないわけです。

じゃあ、具体的に何を変えたかと言えば、それは新型セルフマネジメント以外にはありえない。

だって、指導カリキュラムとか教材とかは全然変えてないんですから。もちろん、多少の改良は加えましたが、本当に「多少」です。それが成績アップの要因とは到底思えません。

そもそもね、教材が良くたって成績なんて上がらんわけですよ。

「わかりやすい授業を受ければ成績が上がる」

「よい教材を使えば成績が上がる」

そんなことはありえない。もしもそれが本当なら、世の中の塾は全て倒産します。

今の世の中は本当に便利になっていて、たとえば「わかりやすい授業」が欲しいのであれば、塾なんぞに行かなくても簡単に手に入るんです。

受験サプリ(だっけ?)なんかは月額1,000円くらいだし、他にも安くてわかりやすい授業を提供しているサービスが既にたくさんあります。

参考書だって非常に充実しています。私は20年くらい前に参考書で独学をしながら大学受験を突破しましたが、その頃に比べると今の参考書の充実具合は本当にすごい。レベル分けもしっかりしているし、スマホやyoutubeと連動したり。それでせいぜい1,500円くらいのものです。

だから「わかりやすい授業」を求める人にとっては、塾ってのは非常に割高なサービスなんです。

じゃあ、そういうサービスが充実してきたから塾が潰れるのかといえば、そんなことはない。

そういうサービスの台頭で、僕が塾の経営者として戦々恐々としているかというと、全くそんなことはありません。

なぜかといえば、「わかりやすい授業」で成績が上がることはありえないということを知っているからです。

成績というのは、本当に様々な要因が組み合わさって決まっています。いや、本質は意外にシンプルなんですよ。僕の考える、成績アップの本質とは

「自分だけの力で、いつでもできることを増やすこと」

です。これを語り出すと長くなるので詳しくは書きませんが、勉強のゴールはこれです。

で、このゴールにたどりつくために、日々一生懸命に勉強をするのです。逆に言えば、このゴールにたどりついていないのであれば、その勉強は全て「道半ば」なのです。

「むっちゃわかりやすい授業を受けた!」

→ で? 自分だけの力で、いつでもできるようになったの?

「問題集を3回解いた!」

→ で? 自分だけの力で、いつでもできるようになったの?

「今日は5時間も勉強した!」

→ で? 自分だけの力で、いつでもできることは増えたの?

この「で?」の質問に対してNOがついた瞬間に、成績は伸びなくなってしまいます。

生徒の成績を上げると言うことは、生徒自身も、そして指導する僕らも、この「自分だけの力で、いつでもできるようになっているか。それがちゃんと増えているか」を見据えながら日々の一生懸命を実行するということなんです。

もしも成績が上がらないと言うことは、勉強のどこかに、ゴールにたどりつかない要因が必ずあります。

授業がわかりづらいのかもしれない

授業の受け方が悪いのかもしれない

授業を受けただけで満足してしまい、授業内容を頭に入れる努力をしていないのかもしれない

演習の仕方が悪いのかもしれない

わからない問題に出会ったときのアプローチが悪いのかもしれない

そもそも勉強時間が少なすぎるのかもしれない

そもそも本人が「ゴール」を意識していないのかもしれない

などなど、冗談ではなく書こうと思えばあと30個くらい余裕で書けると思います。

その30個というのは、この場で思いついた「ひらめき」などではなく、僕らが実際に生徒の指導をしながら発見した「成績が上がらない原因」たちです。

「あ〜、こんなことがあると『いつでもできる状態』にならないんだなぁ」

「え〜!こんなことが原因で『自分だけの力でできる』にたどりつかなくなっちゃうの!?」

と、本当に自分たちが驚くような「成績が上がらない原因」が存在します。でも、それを解決すると、ちゃんと成績って上がるんですよ。

「おぉ!!上がった!!」

ってお互いびっくりするんです。

これを日々やっていると、「わかりやすい授業」がいかに成績アップの要因として重要でないかを痛感するんです。

だからこそ、ここまで踏み込めるはずのない映像授業なんて、何も怖くないんです。

まぁ難点があるとすれば、むっちゃ手間がかかるということですかね(苦笑)。

というわけで、この新型セルフマネジメントは松明塾のレベルを確実に一段上に押し上げてくれました。長いことこの仕事をやっていても、まだこんなレベルアップの階段があるんだと思うと、年甲斐もなくドキドキしますね。

まだ見えていない、更なるレベルアップのきっかけがあるはず。それが何なのかはまだ見えていませんが、「ある」と信じて引き続き塾を経営してまいります。

posted by たいまつ at 17:18| Comment(0) | セルフマネジメント