2014年08月27日

最高の夏の終わり

今日で松高生の夏休みも終わりです。

つまり松明塾にとっても夏の最終日。

いや〜!!今日はいい日だった!!

以前のブログ【簡単なことをしっかりとやろう】にも書きましたが、この夏に「中学の復習」からスタートした高校3年生たちがいます。

その中の一人は、塾としても本当に申し訳ないことをしてしまった生徒でした。

松明塾に入塾した学生は、まず『英語基礎講座』という松明塾オリジナルの授業を受けます。

2ヶ月程度かけて英語で最も大切な基礎を学ぶための授業です。

6年前に奈良の「同志」と夜中までかかってコンセプトを考え、授業として練り上げ、7年かかって確実に成果の出せる「プログラム」として仕上がりました。

これはうちの塾にとっての強力な武器で、この講座のお陰で松明塾は英語指導に絶対に自信を持っているわけです。

せっかくなのでちょっとだけ宣伝をしておくと、1学期にこの英語基礎講座を終えた生徒たちの成長は目覚ましいです。

ここを乗り越えて、その後の演習を積んだ生徒たちは平均してセンター英語で80〜100点くらい点数があがります。

過去最高は130点アップ。今年の最高は105点アップでした。

ただし、この基礎講座には「卒業テスト」があります。

この卒業テストは結構な難問で、講座を一通り受けた程度ではまず合格できません。

講座を受け、テキストを反復し、その内容がちゃんと自分の血肉になったときに初めて解けるようになっています。

そのため、受講終了後から卒業テスト合格までには時間がかかります。

早い人でも1週間、長い子だと3週間くらい苦しんで合格にたどりつきます。

先述の生徒は、その卒業テストに合格できませんでした。

1ヶ月にわたって卒業テストに臨み、それでも合格できない様子を見て、苦渋の思いで「留年」を言い渡しました。

その上で、今まで立ててきたスケジュールを一度全て白紙に戻し、この夏の1ヶ月の目標を立て直しました。

7月21日〜8月15日までは中学英語の徹底復習。

合計数にして700題近くの中学レベルの英文を読み・理解し・暗記しました。

そして8月15日〜本日27日まで一気に基礎講座の再受講。

通常は2ヶ月かけてやるものを2週間ですから、4倍速です。

かつて2ヶ月かけてもできなかったことですから、4倍速にしたらついていけない可能性もある。

しかし、できなかったのはそのための基礎が欠けていたらで、700題の演習をやりきった後ならそんな非現実的なスケジュールをやりきれるのではないか。

恥ずかしながら、僕にとっても「仮説」です。

本来、お金をいただく側がやってはいけない指導です。

しかし、1学期の時点で、僕が立てたカリキュラムは音を立てて崩れてしまったわけですから、同じことをやっていていも結果は同じに決まっています。

過去の経験を引っ張り出して、目の前の生徒を必死に観察して、全身全霊をかけて立てた「仮説」。

結果は見事なものでした。

昨日までに全ての受講を終え、本日1日で卒業テストをクリア。

渾身の握手を交わすことができました。


本当によく頑張った。

中学復習前の成績と復習を入れた後の成績比較をするとその違いは歴然としています。

<中学復習前>
01.gif

<中学復習後>
02.gif

この成果は塾の成果である以上に、生徒自身の成果です。

彼のあんな「達成感」に満ちた顔を見たのは初めてかもしれない。

本当に大変なことをやりきった彼に心から拍手!

彼がそんな風に本気になってやり遂げられる教室の空気を作った仲間に拍手!

カリキュラム作成を読み違えた僕を救ってくれた彼の頑張りに心から感謝!

そんな気持ちで夏休みの最終日を終えることができました。

いよいよ2学期。これなら十分に間に合う。

同じ失敗を繰り返さぬよう、これから真剣に彼の合格のためのカリキュラム作成に入ります!

posted by たいまつ at 22:54| Comment(6) | 夏休み
この記事へのコメント
受験勉強を成功させる行程は、家を建てる工程に似ているような気がします。

まず、自分の家を建てる場合、「こんな家に住みたいな」と思う家を想像することでしょう。
その想像をもとに、設計をするわけです。
で、その設計図を元に、宅地にいきなり柱を建て屋根をかけて壁を作るのかというと、
そうではないですよね。
柱を建てる前に、基礎工事をしなければなりません。
じゃ、まず基礎工事からしましょう……とはいかない場合もあります。
場所によっては、地盤改良工事からしなければならないことがあります。

そう、受験勉強の場合も、基礎の勉強はとても大事ですが、
基礎の勉強をする前に、もう前段階の勉強が必要なことがあるのだということ。

基礎を支える地盤がしっかり固まっている状態になっていないといけない、ということです。

で、地盤を固めて基礎工事……かというと、実はそうではなく、
丁張り(ちょうはり)という作業があります。
丁張り(ちょうはり)とは、工事を着手する前に、建物の正確な位置を出す作業のことです。
(工事現場の基礎工事の前に板とか糸を張ってあるのを見たことはありませんか。基礎上端の高さを水平にするための印をつけたりするのです。)
間違いは許されない作業となります。

受験勉強で言うと、闇雲に基礎の勉強を始めるのではなく、計画を立てて進めていくということ、そして、基礎力が付いたことを確かめる基準が必要だ、ということになりますかね。

だって、出来上がった基礎が水平になっていなかったら、その上の家はゆがんで建ってしまいますものね。

そして、正確な基礎が出来上がったら、設計図を基に、思い思いの家を建てていく。

そう、受験勉強において、基礎力を付けた後、闇雲に勉強するのではなく、やはり設計図(学習計画)が大切だということ。そうしないと、思い描いた家を建てること(志望校合格を勝ち取ること)はできないよ、ということではないかと思うのです。

なんてことを、このブログを読んでふと思ったので、そこはかとなく書きつくってみました。
Posted by やまちゃん at 2014年09月03日 00:19
草薙塾長。松山に帰って来られたんですね。今の松高生はシアワセですね。
圧倒的な学力を携えて入試に臨めますね。
草薙塾長はかつて航空自衛隊のブルーインパルスに在籍していたパイロットの従兄弟だそうですね。
サインを貰ったことがあります。

塾長。応援しています。
松山高校の学力崩壊を食い止めて下さい。
Posted by 松の緑 at 2014年09月09日 21:22
>やまちゃん様

コメントありがとうございます。

全くの同感です。同時に、改めて思うのは、それは「講師側の仕事」ですね。

自分が独学で受験に挑んだときの感覚は、完全に「ゲリラ戦」でした。

未体験の森の中を突き進み、ジグザグしたり、あれこれと武器を持ち替えてみたりしながらとにかくゴールに到達するために進む感じでした。

今振り返って明確に「自分は講師として間違っていたなぁ」と思うのは、講師になってもそんな「ゲリラ戦」が正しい受験の戦い方だと思っていたことです。

よく、「受験は逆算」と言いますが、生徒目線で言えばちょっと違いますね。

こういっちゃ何ですが、「まだやったことがないこと」を正確に逆算で考えていくのは不可能に近いです(もちろん逆算的に考えることは非常に重要ですが)。

だから、初めてのことに取り組むときは大まかな逆算をしつつ、メインはゲリラ戦にならざるを得ない。

一方で講師はかなりの割合で正確な逆算が可能です。だから、

自身の成功体験=正しい指導

という考え方になっていたのは、明らかに間違いで、お書きいただいているような姿勢が講師として必要だということを学べたのが奈良にいた6年で学べたことの1つのように思います。
Posted by 塾長 at 2014年09月11日 00:27
>松の緑様

コメントありがとうございます。

またマイナーな情報をご存じですね(笑)。うちの従兄弟はちょっと格が違うので、ちょっとでも近づけるように精進しております。

松山高校のレベルが下がっていると色々な人から言われますが、みんな昔と変わらない、純粋ないい子たちばかりです。

ただ、見ていてとても「もったいないな」と感じます。


大学受験って何なのか。

成績を上げるって何なのか。

学ぶってどういうことなのか。


そういうことに対する認識が単純に間違っている(と書くと言い過ぎであれば、勘違いをしている)生徒が多いと感じます。


それは学校の責任であり、親の責任であり、そして塾の責任だと感じます。


なので、人様の責任をあげつらう前に、まずは自分たちが自分たちの責任をちゃんと取っていかないといかんですね。

ご期待に応えられるよう、全力で頑張ります。
Posted by 塾長 at 2014年09月11日 00:38
草薙先生

コメントが返ってくるとは思いませんでした。
ありがとうございます。

そして先のコメントを打っているときは、深く考えずにいましたが、言われてみれば確かに「講師側の仕事」のことですね。

また、

自分の成功体験=正しい指導

という考えに陥りがちであることは否定できません。
どうしても、自分の成功体験に引きずり込もうとしてしまいそうになります。
本当に気を付けないとね。

Posted by やまちゃん at 2014年09月11日 08:08
返信して下さり、恐縮いたします。
本当に、松山高校剣道部OBの方は熱いですね…影ながら応援させていただきます。松明塾に栄光あれ︎
Posted by 松の緑 at 2014年09月11日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: