2019年01月22日

定期テストの過去問は使いません

先日書いた下記の内容、

今年の1年生はすごいわ

を読んでくれた友人から面白い電話がかかってきました。

「定期テストの過去問ってどんな風に使ってる?」

という内容です。

なるほど〜、この内容を読むと世の中の人はそう考えるんだ〜と思うよいきっかけになりました。

大いなる誤解が生まれると嫌なので(笑)、前回の内容の追記として友人に話した内容を書くことにしました。

松明塾では定期テストの過去問は一切使いません。

使うどころか、過去問の収集も保管もしません(一応内容は見るようにしていますが)。

なので、松明塾に「過去問を駆使した定期テスト対策」を期待しても全然期待には応えられません(そもそも過去問もってないので)。

ついでに書いておくと、特殊なテキストも使っていませんし、予想問題も作りません。

要は「テストで点数を取るための特別な対策」は一切やっていません。

理由は非常にシンプルでして。

特別な対策をして高い点数を取ったところで、それ何の意味があるの?

と思うからです。

良い・悪いは別にして、学校の定期テストというのは結構位置づけの難しい試験です。

しっかりとした実力がついていれば点が取れるのは間違いのないのですが、点数が取れたからといってちゃんと実力がついているとは限りません。

これは中学生でも同じですよね。だからこそ、

「定期テストは取れるけれど、北辰が取れない」

なんて悩みも生まれるわけです。

中には過激な人もいて、

「そんな定期テストなどやめて、実力テスト一本勝負にしろ」

なんていう人もいるわけですが、私自身は定期テストは結構肯定派です。

ある程度の期間的な区切りを設けて、定期的に内容のチェックをしていくというのは有益なことですし、子どもたちにとってもその方が頑張りやすい面があると思います。

むしろ重要なのは定期テストをどう位置づけ、どう活用するかだと思います。

松明塾にとって、定期テストは実力を測るものです。

だから実力がちゃんとついている生徒は良い点数を取るのが正しいし、実力がついていない生徒はちゃんと悪い点数を取るのが正しい。

そう考えています。

裏返せば、実力がちゃんとついていない生徒が「特殊な対策」を通して良い点数をとってしまうのは害悪だと思います。

だって、実力ついてないんでしょ?

その原因は、実力がつくような日々を送れていないからでしょ?

だったら、それを修正しなければ何も始まらないじゃん。

仮に実力がついてない生徒が「良い点」をとってしまったら、その子は自分の日々の勉強を改める必要性を感じなくなってしまいます。せっかくの「これじゃダメだ」と思うチャンスを逃してしまいます。

これ、すごくもったいないことなんです。

目の前の安易な「良い点数」なんかより、はるかに価値があることです。

だってそこに気がついて、自分の行動と考えを改めて、「実力がつく毎日」を送るようになれば、次の点数は絶対上がるんですから。更には、その先にある受験にだって繋がっていくんですから。

点数を取ることを目的としていないからこそ、良い点が取れる。受験にも繋がる。これは松明塾にとって非常に重要な柱みたいな考え方です。

今年は特に成績が良いのは以前に書いたとおりですが、個人的にものすごくうれしいことがあります。英語で100点が出るようになったんです(昨年までは英語で100点は出たことなかったんです)。今年だけで、100点が5回でました。

言っちゃ何ですが、高校のテストで過去問で対策して100点って出ませんよ。まるっきり同じ問題が出るなんてことはないんだから。

思うに、定期テストの目的を「良い点数を取ること」においてしまうのがそもそもの間違いの始まりなのでしょうね。

結果が大事。点数を取ることが大事。そのための手段は何でもいい。過去問使おうが何だろうが、点数を取れるのが一番大事。

そうやって、手段と目的が逆転していくから定期テストが悪者になっていくのだと思います。

誤解のないように言っておきたいのですが、僕は「過去問を使って実力以上の点数を取ることはダメだ」と言いたいわけじゃありません。指定校などで評定平均を大事にしたい生徒にとっては、そういう手段を取ることが必要になることもあるでしょうし。

ただ単に、松明塾はそこに重きを置かないし、価値をおかない。あくまでも子どもを育てて、子どもの実力で点数を取り、その先にある受験で真っ当な勝負をしていく。

そういうことなんです。

と…そんな話を友人にしたら、

「言ってることは真っ当だけど、正直俺は怖くてできないわ(笑)」

と言われました。

う〜ん。そうかなぁ。そのツケが高3の受験のときにいっきに回ってくる方が俺はよっぽど怖いけどなぁ。

まぁうちはうち。よそはよそってことで。

【高校1年の最新記事】
posted by たいまつ at 18:17| Comment(0) | 高校1年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: