2015年03月14日

偶然がくれたご褒美

ようやく受験が一通り完了し、教室は次の1年の勢いに包まれてきました。

この1週間で一気に生徒が増えたので、とにかく目まぐるしい毎日を送っています。

新規の生徒が増えると一気に仕事が増えます。

実力確認、カリキュラムの作成、勉強姿勢の観察とそこから見えてくる「伸びない原因」の修正。

1人、2人でも結構手間暇をかけねばならないのに、一気に10人以上増えてしまったので本当にてんてこまいです。

そんな中、今日はある意味で「この1年の本当の締めくくり」である、高校の卒業式でした。

まだ教室すら満足に準備できていない松明塾に入塾を決めてくれた3年生たち。

この子たちには一生頭が上がりません。感謝しかありません。

本当は卒業式に出席して、旅立ちを見送りたいくらいの子たちです。

そんな気持ちでいたところに、うれしい「偶然」がありました。

松山高校の校長先生から教室にお電話をいただいたんです。

先日配ったうちの塾のDMが道に捨てられていたので、それを拾われたとのことでした。

お叱りのお電話かと思いきや、

「失礼ながら中身を読ませていただいたところ、その内容がとてもよかったので、『ある塾の塾長の話』として、卒業式の式辞で話したいので許可をいただきたい」

とのこと。

びっくりしました。

とてもうれしくて涙が出てきました。

自分は卒業式には出られないけれど、自分の想いを卒業式の場で生徒たちに伝えてもらえる。

この1年間のご褒美をもらえたような気がしました。

銀行に寄った帰り道、偶然出会った卒業生が、

「先生の話してましたよ」

と笑顔で伝えてくれた瞬間、この1年間が本当に終わった実感が出てきました。

この1年は、生徒に成長させてもらった1年。

生徒と一緒に塾を作り上げてきた1年。

今年第一志望に合格した生徒たちは、僕らの指導ではなく、自分たちの努力で合格を勝ち取りました。

この1年、本当によく頑張った。合格おめでとう。

残念ながら第一志望に合格できなかった生徒たちは、僕らの指導の至らなさのせいで不合格になりました。

本当にすまん。せっかくうちの塾を信じて頑張ってくれたのに、合格させてやれなくて、本当にすまん。

反省が山ほどある。

やり直したいことが山ほどある。

もちろん時間は戻りません。

だから、僕らがそれを活かすのは彼らではなく、次の生徒たちです。

もちろん、それを次に活かしたところで生徒の結果は変わりません。僕らの自己満足でしょう。

でも、そう思ってもやはり僕は生徒たちにお礼を言いたい。

君たちのお陰で、次の1年、松明塾は一歩質の高い指導を後輩たちに提供することができます。

この1年、本当に頑張ってくれてありがとう。

ダメなところがいっぱいある松明塾を信じてくれてありがとう。

僕らのダメなところを教えてくれてありがとう。

後輩たちの指導がよくなるヒントをくれてありがとう。

第一志望に合格した子も、不合格だった子も、全員が本当に頑張ってくれた。

本当にありがとう。

そして、

卒業おめでとう。

君たちの更なる成長と飛躍を、東松山にて心から期待しています。

posted by たいまつ at 00:05| Comment(0) | 日記

2014年08月26日

夏の終わりと受験の終わり

いよいよ夏休みが終わります。

とっても長くて、とっても短い夏休みでした。

こういった長期休暇に「短さ」を感じることはとても簡単です。

盆休み、ゴールデンウィーク、年末年始。いずれも、

「もう休みも終わりか〜」

という気持ちになります。それは高校生も社会人も同じです。

しかしいざ振り返ったときに「長かったなぁ」と感じられるかどうかには大きな違いがあります。

うちの生徒たちは間違いなく

「考えてみると長かったなぁ」

と感じられることでしょう。それくらい密度の濃い時間を過ごしてきました。

その密度の濃さを実現できた要因と言えば、これはもう「お互いの本気さ」以外にないですね。

講師にはわかっているけれど、生徒にはイマイチわからないことが受験にはたくさんあります。

「体験したものにしかわからない、絶対に外してはいけないポイント」

といったところでしょうか。

こういうことは、初めて受験を経験する生徒はもちろん知らないし、長年受験を経験している講師は嫌と言うほどに身にしみて知っています。

受験には、失敗してもやりなおしのきくポイントと、失敗したらやり直しのきかないポイントがあり、その中でも後者の「失敗したらやり直しのきかないポイント」がまさにこの「絶対に外してはいけないポイント」になります。

松明塾では毎週セルフマネジメントの授業で週間計画を立て、翌週になるとその実行内容の振り返りをします。

もちろん計画通りにやれた人もいれば、計画をうまく達成できない人もいます。

変な言い方ですが、計画通りにできても・できなくてもどちらでも構いません。

なぜならうまくいった人はうまくいったなりに、失敗した人は失敗したなりに学ぶことがあるからです。

その成功なり、失敗なりから何を見いだし、そしてどう次に活かすかが大事だからです。

しかし受験の中には、それでは済まされないことがある。

一敗地にまみれるとでもいうべきポイントがあります。

そういうところは「セルフマネジメント」に任せるわけにはいきません。

多少強引にでも、とにかくそれを外さないように指導するのも塾の役割でしょう。

「夏休み」というタイミング、そしてその夏で「何をどこまでやり遂げるか」というのは、まさに受験の中でも一番と言って良いくらいの「絶対に外してはいけないタイミング」の1つです。


つまり、残酷な話ですが「夏の終わりは受験の終わり」を意味してしまうのです。


とはいえ、まだそれを経験していない(よってその重要性がなかなか実感として理解できない)受験生たちです。

その子たちにわかってもらおうと思えば、これはもうこっちが必死になるしかない。

もちろんその説明もしますが、それ以上に

「よくわからんが、先生たちがこれだけ必死ということはここは外しちゃいけないポイントみたいだぞ」

と、理屈(だけ)ではなく空気としてビリビリ感じて貰わねばなりません。

それを感じて貰えたかどうかは別に生徒に聞いたわけではないのでわかりませんが、少なくとも彼らの行動、そしてやった内容を見る限り、

「よっしゃ!ちゃんと伝わった!」

という手応えがあります。

たぶん、うちの塾生は松山高校の高校3年生の中では圧倒的にこの夏の勉強時間は1位だと思います。

質でも負けないし、トータル時間でも負けません。

それができたのは、彼らが本気だったからであり、僕らが本気だったからです。

明日でいよいよ夏休みも終わりですが、きっと彼らは振り返って思うでしょう。

「とっても長くて、とっても短い夏休みだった」

と。

それは言い換えれば、彼らの受験はまだ「試合終了」になっていないということです。

もちろんまだまだ「勝利」を手にする段階までは来ていませんが、少なくとも予選敗退は阻止できました。

これからがある意味で「決勝トーナメント」です。

1学期以上に計画性が重要になる2学期。

全員合格を目指して、引き続き頑張りましょう。
posted by たいまつ at 23:06| Comment(0) | 日記