2014年08月27日

最高の夏の終わり

今日で松高生の夏休みも終わりです。

つまり松明塾にとっても夏の最終日。

いや〜!!今日はいい日だった!!

以前のブログ【簡単なことをしっかりとやろう】にも書きましたが、この夏に「中学の復習」からスタートした高校3年生たちがいます。

その中の一人は、塾としても本当に申し訳ないことをしてしまった生徒でした。

松明塾に入塾した学生は、まず『英語基礎講座』という松明塾オリジナルの授業を受けます。

2ヶ月程度かけて英語で最も大切な基礎を学ぶための授業です。

6年前に奈良の「同志」と夜中までかかってコンセプトを考え、授業として練り上げ、7年かかって確実に成果の出せる「プログラム」として仕上がりました。

これはうちの塾にとっての強力な武器で、この講座のお陰で松明塾は英語指導に絶対に自信を持っているわけです。

せっかくなのでちょっとだけ宣伝をしておくと、1学期にこの英語基礎講座を終えた生徒たちの成長は目覚ましいです。

ここを乗り越えて、その後の演習を積んだ生徒たちは平均してセンター英語で80〜100点くらい点数があがります。

過去最高は130点アップ。今年の最高は105点アップでした。

ただし、この基礎講座には「卒業テスト」があります。

この卒業テストは結構な難問で、講座を一通り受けた程度ではまず合格できません。

講座を受け、テキストを反復し、その内容がちゃんと自分の血肉になったときに初めて解けるようになっています。

そのため、受講終了後から卒業テスト合格までには時間がかかります。

早い人でも1週間、長い子だと3週間くらい苦しんで合格にたどりつきます。

先述の生徒は、その卒業テストに合格できませんでした。

1ヶ月にわたって卒業テストに臨み、それでも合格できない様子を見て、苦渋の思いで「留年」を言い渡しました。

その上で、今まで立ててきたスケジュールを一度全て白紙に戻し、この夏の1ヶ月の目標を立て直しました。

7月21日〜8月15日までは中学英語の徹底復習。

合計数にして700題近くの中学レベルの英文を読み・理解し・暗記しました。

そして8月15日〜本日27日まで一気に基礎講座の再受講。

通常は2ヶ月かけてやるものを2週間ですから、4倍速です。

かつて2ヶ月かけてもできなかったことですから、4倍速にしたらついていけない可能性もある。

しかし、できなかったのはそのための基礎が欠けていたらで、700題の演習をやりきった後ならそんな非現実的なスケジュールをやりきれるのではないか。

恥ずかしながら、僕にとっても「仮説」です。

本来、お金をいただく側がやってはいけない指導です。

しかし、1学期の時点で、僕が立てたカリキュラムは音を立てて崩れてしまったわけですから、同じことをやっていていも結果は同じに決まっています。

過去の経験を引っ張り出して、目の前の生徒を必死に観察して、全身全霊をかけて立てた「仮説」。

結果は見事なものでした。

昨日までに全ての受講を終え、本日1日で卒業テストをクリア。

渾身の握手を交わすことができました。


本当によく頑張った。

中学復習前の成績と復習を入れた後の成績比較をするとその違いは歴然としています。

<中学復習前>
01.gif

<中学復習後>
02.gif

この成果は塾の成果である以上に、生徒自身の成果です。

彼のあんな「達成感」に満ちた顔を見たのは初めてかもしれない。

本当に大変なことをやりきった彼に心から拍手!

彼がそんな風に本気になってやり遂げられる教室の空気を作った仲間に拍手!

カリキュラム作成を読み違えた僕を救ってくれた彼の頑張りに心から感謝!

そんな気持ちで夏休みの最終日を終えることができました。

いよいよ2学期。これなら十分に間に合う。

同じ失敗を繰り返さぬよう、これから真剣に彼の合格のためのカリキュラム作成に入ります!

posted by たいまつ at 22:54| Comment(6) | 夏休み

2014年07月19日

1日にできることは限りがある。でも、思っている以上に多い。

今日から夏期講習が始まりました。

といっても、松明塾では夏期講習で何か特別なことをやるわけではありません(料金もそのままですし)。

夏休みだからといって普段はやらないことをやるってのも変な話ですよね。

やる必要のあることなら夏休みでなくともやるべきですし、あまり必要のないことなら夏だからと言ってやる必要もありません。

僕らの指導は全て年間計画ベースですから、その年間計画の達成に向けていつものように勉強に励むのみです。

とはいいつつも、夏はやっぱり特別です。なんと言っても時間が長い。

普段は学校に行ってから放課後の時間を勉強に使うので、やれることはそう多くありませんが、夏は違います。

でも、そんな風に使える時間が長くなると、どうしても「休憩時間」も長くなってしまうのが人として当然です。

そのため、松明塾では夏に限り「塾滞在時間」を塾側が決めます。

今年は8:30〜22:00が受験生の「塾滞在時間」です。自分の都合云々ではなく、8:30に勉強を始め、22:00までやる。

何をやるかは自分で計画を立てるけれど、計画が早めに終わったからと言って予定より早く上がるのはナシ。

その場合には予定に無くとも復習を入れたり、次の日の予定を前倒しにしたりして22:00までやるのがルールです。

そんな風に過ごしてみることでわかることがたくさんあります。

1つは1日にできることがいかに多いかということ。

放課後の勉強に慣れている人・予定が消化できたら切り上げる勉強をしてきた人はびっくりします。

「うお!全部終わったけどまだ5時だ」

って。その後、疲れてきつつも、じゃああれをやろう、これをやろう。

そうしていると、更に疲れてきます。もうこれ以上やれないと思って時計を見ると、

「うお!まだ8時だ。あと2時間もある」

この段階になると圧倒的に効率が下がるのですが、それでも全然OK。ヘロヘロになりながら、次にやるべきこを探します。

そうやって22:00を迎えるとものすごい疲れます。

「1日に出来るコトってこんなにあるんだ」

と思えます。それと同時に

「こんなのが後40日も続くの!?」

という疲労感にも襲われます。

夏休みに大事なのは、この2つの感情をちゃんと味わうことです。

「1日にできることはこんなにある。ってことは、頑張れば夏明けにはすごいレベルアップできるじゃないか」

「1日はこんなにも長い。あと40日もやりきれるだろうか」

この2つを味わいながら10日くらいを過ごせれば夏はほぼ成功です。


10日を過ぎるくらいになると、1日の長さを感じなくなります。

夏休みが終わりに近づくと、1日が短くさえ感じられます。

しかし、そういった感情を味わうには、「1日が長く感じられて仕方が無い最初の10日間」をしっかり乗り切ることが必要です。

というわけで、この夏期講習、これからの10日間がマジで勝負です。

しっかり頑張っていきましょう。

タグ:夏期講習
posted by たいまつ at 17:03| Comment(0) | 夏休み