2015年05月30日

定員と追加募集について。

松明塾は知名度もなく、規模も小さい町の小さな個人塾です。

私たちのような塾が地域の中で「価値」を感じていただくためには、100%サービス内容で勝負するしかありません。

それは成績を上げることであり、志望校に合格させることです。

入塾時の成績の善し悪しに関わらず、お預かりしたからには必ず生徒全員の成績を上げる。非常にシンプルですが、塾の「本道」です。少子化の時代にあえて塾をやるからには、私たちはこの「本道」を突き進む塾でありたいと思っています。

 一方で、それは非常に手間と時間のかかることでもあります。単に決まった時間の「授業」を行い、子どもたちからの質問に答えているだけでは到底うまくいきません。お金を払って授業を受けたらその分だけ成績が上がる。もしもそんな「気楽な仕事」であれば、私はこの仕事を選ばなかったかもしれません。


成績を上げるためには、子どもたち自身の成長が必要です。ちょっと教えられたくらいではなかなか自分ではできるようにならない。スポーツや料理で考えれば当たり前のことです。勉強も同じです。

何度もやり直しをするのはきっと生徒にとって苦痛なことでしょう。それを乗り越えるための精神的な強さを鍛えねばなりません。

部活でクタクタになった後に1時間も2時間も勉強するのは本当に大変でしょう。それを乗り越えられる「体力」を培わねばなりません。

1つの問題を答えがでるまで考え続けるのは、重い荷物を長時間持ち続けるかのような苦労があるでしょう。それを実現する「思考の持続力」を鍛えねばなりません。


生徒の成績を伸ばすことは、授業をすることではなく、こういった「生徒が1つ上のステージに進むために必要な要素」を全方位から鍛え上げることだと私たちは考えます。そのためには、どうしても手間と時間が必要です。


この手間と時間をかけるために、誠に不本意ながら生徒の数を限定させていただいているのが実情です。

たくさんのお問合せをいただく度に、お断りを申し上げることに不甲斐なさを感じます。しかしここで売上に走ってしまったら、私たちはつまらない「本道から外れた塾」の仲間入りをすることになります。

それは自分たちの人生を汚すことであり、また松明塾が、本当に何もない、ただただやる気だけの塾だった頃から通ってくれている生徒を裏切ることでもあります。

校門前でビラをまいても全然問合せがなかった、ビラを道ばたに捨てられた頃から通ってくれている生徒たち。

いまの松明塾があるのは、この子たちのお陰です。この子たちだけは、何があっても裏切ることはできません。


 そこでお願いがあります。もしも私たちの塾に魅力を感じていただけるのであれば、私たちが生徒をしっかりと鍛え上げるまでのお時間をください。

生徒は鍛えれば鍛えるほどに、「自分でできること」が増えていきます。最初は手取り足取りだったひよっこたちが、自分で考え、自分で悩み、自分で解決できるようになっていきます。教育の理想は、講師が不要になることです。誰の手を借りずとも、自分で自分の問題を解決できることです。そして、それはまた難関大合格という極めて現実的な成果のために必要なことでもあります。

 こういったことが実現の方向に向かい、私たちが新しい生徒を受け入れる準備ができ次第、追加の募集をかけさせていただきます。それがいつ頃になるのかは、残念ながらお約束も明言もできません。人の成長というのは、経験者が安易に「予測」できるようなものではないからです。

しかし、1人でも多くの生徒を受け入れられるよう、生徒を鍛え、自分たちの幅を広げる努力を続けることは必ずお約束致します。もしお待ちいただけるようであれば、下記のフォームより「追加募集待ち」のお申し込みをお願いします。「追加募集希望」と記載いただいた方宛に、追加募集開始の際にメールにてご連絡をさせていただきます。

https://taimatsu.sakura.ne.jp/shiryouseikyu.php

 せっかく興味を持って当HPをご覧いただいたにも関わらず、いますぐお力になれず本当に申し訳ございません。私たちの実情と意図に深いご理解をいただければ幸いです。


塾長 草薙


タグ:追加募集
posted by たいまつ at 22:19| Comment(0) | 生徒募集について